ハーヴェスト・ムーン ペールエール

昨日のお昼のことです。

久しぶりにお昼にテイスティングをしました。

画像


ハーヴェスト・ムーンのペールエールはイングリッシュスタイルのペールエール。
先日店主が東京へ行ったときに、イクスピアリでテイスティングをして、そのまま樽を注文してきたビールでした。

「とてもバランスがいいビール。」とのことで、私も楽しみに待っていました。
アメリカンスタイルのペールエールが多い中(こちらも好きです。)、なんとも穏やかな味わいです。不思議とスルスルと入っていきます。

表現力が乏しいので上手くお伝えできませんが、第一声は「おいしい!」でした。
そして、「おかわり!」をしちゃいました。

イギリスのBUTCOMBE・BITTERのリアルエールを飲んだときに、何杯でも飽きずに飲める味わいに感激したときのことを思い出しました。

ハーヴェスト・ムーンのペールエールも同じような印象を受けました。

あれやこれやと目移りしてしまう私ですが、ゆっくりと同じビールを飲み続けるのも、またいいものだな~と思わせてくれたビールでした。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック