予防接種とコマダムM

先日、コマダムMが予防接種を受るために一緒に病院に行きました。

久しぶりの注射にブルーな気分のコマダムと予防接種を予約した病院に入りました。
午後の診察が始まる少し前に入り、すでに患者さんがいたのですが、中はとっても静まり返っていました。

最近の病院はBGMがかかっていることが多いのですが、この病院はかかっていませんでした。

静かな待合室で問診表に記入をしながら順番を待つこと数分間。
すぐに順番が回ってきました。

「よろしくお願いしまーす」と明るく診察室に入ってみたものの、
先生も看護婦さんも静かな対応で、「すんません・・・」という雰囲気に・・・

コマダムは先生から健康チェックを受け、シーン・・・と静まり返った中、着々と予防接種の準備が進められました。
ただでさえ、「注射はいやだ、嫌いだ」とビビリまくっていたコマダム。
目の前で注射器が出され、その中にワクチンを入れて・・・と一連の流れを見せられて、もう大変!

「はい、打ちますよ~」との先生の声に、そのビビリはピークに
本当に物音しない診察室の中で、私にはコマダムの鼓動が聞こえそうでした。
されるがままに注射を打たれたコマダム、顔をしかめて痛みに耐えておりました。

それまでの様子をずーっと見ていた私、心の中であまりのおかしさに大爆笑
診察室を出てから、コマダムを「や~い、ビビリ~、ビビリ~」とからかいまくりです。
戦意喪失中のコマダムは「うるさい、どーせビビリですよ」とかろうじて一言。

その後、病院を出るまでからかい続けていた私。
楽しいったらありゃ~しない
しかし、自分を取り戻し始めたコマダムがしつこい私に言い放ちました。

「何とでも言うがいい

おおっ?ならば言ってやろう!とまたまたからかいながら、寄り道をしに行った親子なのでした。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック